沖縄防衛局長の「講話」問題と流行についての報道と春闘 RVR


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

作家の村上龍さんとエフエム東京社員の延江さんが、毎週時事について語っているRVR。今週は、沖縄防衛局長が宜野湾市長選に絡めて「講話」を行った問題と「流行」についての報道と春闘について語ります。

Sponsored Links

<a href='http://video.jp.msn.com/?mkt=ja-jp&#038;vid=eaf14d99-fbed-4eeb-a577-ea59585da361&#038;from=&#038;src=v5:embed::' target='_new' title='RVR 沖縄「講話」問題と春闘 HD' >ビデオ: RVR 沖縄「講話」問題と春闘 HD</a>

まず延江さんが、沖縄防衛局長が宜野湾市長選のために「講和」行ったことについて語ろうとしますが、村上さんは「テレビのニュースみたいなことを言っても仕方がない」とします。また、「褒められたことではないが”官僚はどうしようもない”と言っても意味がない」といいます。

次に、”流行っている”という風に報道されているものが本当に流行っているのかということに言及し、多様化した現代では昔のような流行はないと指摘します。

最後に春闘については、春闘自体が正規社員が権利を主張する場であって、現在増えている非正規社員にはどうしようもないことだといいます。

講和問題にしても流行にしても春闘にしても、昔の社会システムだからこそ存在したものであり、現代では存在意義や意味を失っているのかもしれませんね。

Sponsored Links
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 政治・法律, 経営・経済, 講演 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.