防衛局長の沖縄への問題発言と欧州の債務危機問題 RVR


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

作家の村上龍さんとエフエム東京社員の延江さんが、毎週時事について語っているRVR。今週は、沖縄県・米軍普天間飛行場の移設をめぐり女性への乱暴に例えた田中聡・前沖縄防衛局長の不適切発言「犯す前にこれから犯すと言うか?」と欧州・ユーロ圏の政府債務危機について語ります。

Sponsored Links

<a href='http://video.jp.msn.com/?mkt=ja-jp&#038;vid=8337eb07-e56b-492e-b9bd-c86b27548a71&#038;from=&#038;src=v5:embed::' target='_new' title='RVR 防衛局長の発言と欧州債務危機 HD'>ビデオ: RVR 防衛局長の発言と欧州債務危機 HD</a>

田中聡・前沖縄防衛局長の不適切発言について、村上さんは「語ることはない」としながらも、今回の件で”停職が40日”だと延江さんから聞かされると、「官僚や政治家のスキャンダルは、国民が処分を見て”これはひどすぎる”という風に思うくらいでないと信頼は回復できない」といいます。さらに、「官僚とか政治家とか公務員は(信頼回復することの難しさが)分かっていない」と断言します。

次に、欧州・ユーロ圏の政府債務危機について、そもそもヨーロッパを一つの枠組みにするためにユーロ圏を生み出したとしています。さらに実体経済を比較すればユーロよりもアメリカの方が問題があるといい、そのためユーロの方が安全で問題がないといいます。しかし、ユーロが安全だと言わない理由としては、ユーロが危険だとアナウンスすることで、国家を超えたユーロ圏で財政を一括管理をするための動機付けにしようとしていると分析します。つまり、EU首脳は「このままだと崩壊する」と言うことでより高度なレベルの経済統合という高いハードルを乗り越えようとしているといいます。 そして最後には、フランスとドイツが仲が良いのは高度な政治的・経済的駆け引きの証拠であり、多分大丈夫だろうと締めくくりました。

ユーロ危機を乗り越えられるか否かは、ヨーロッパだけの問題でなく、今後の世界の経済のあり方を方向付ける上でも重要なものとなります。そして、これは世界主義者、国家主義者、地域主義者たちのイデオロギーのぶつかり合いと言えそうです。

Sponsored Links
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 政治・法律, 経営・経済, 講演 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.