フェイスブックが写真共有アプリ「Instagram(インスタグラム)」を10億ドル(812億円)で買収!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)大手の米Facebook(フェイスブック)と写真共有サービスの米Instagram(インスタグラム)は現地時間2012年4月9日、フェイスブックがインスタグラムを買収することで合意したと発表しました。買収総額は約10億ドル(約812億円)で、フェイスブックは現金と株式で支払う予定。手続きの完了は2012年第2四半期を見込んでいます。

Sponsored Links

インスタグラムは米スタンフォード大学卒業生のケビン・シストロム氏とマイク・クリーガー氏が約2年前に立ち上げました。インスタグラムが提供する同名のサービスは、モバイル端末で撮った写真を手軽に加工してオンラインで共有できるというもの。当初は、米アップルのスマートフォン「iPhone」向けのアプリを提供して人気が高まりました。この2012年4月、米グーグルのモバイルOS「Android(アンドロイド)」向けのアプリをリリースしたばかり。

フェイスブック創業者で最高経営責任者(CEO)のマーク・ザッカーバーグ氏は、「単にインスタグラムのすべてをフェイスブックに統合するのではなく、インスタグラムの強みを維持および拡大していく」とし、インスタグラムを独立した事業として運営する方針を示しました。また、インスタグラムが「フリッカー」や「ツイッター」などフェイスブック以外のサービスとも連携することについて、「優れた使用体験の重要な部分でもある」と認め、他のサービスへのサポートを継続する意向を見せています。

フェイスブックは、インスタグラムからノウハウを取り入れ、自社サービスに同様の機能を追加していく一方で、インスタグラムがフェイスブックのエンジニアリングチームとインフラを活用して成長し続けるよう支援するとしています。また今回の買収で、シストロムCEOはインスタグラムの株式の40%を保有しているため4億ドル(約325億円)、従業員13人にも多額の金を受け取れると見られています。

ザッカーバーグ氏は、「このように多数のユーザーを抱える製品および企業を買収するのは初めてであり、当社にとって画期的な出来事だ」と述べました。

インスタグラムのCEOを務めるシストロム氏は、公式ブログへの投稿で「はっきりさせておくべきことは、インスタグラムはなくなるわけではないということ。インスタグラムの進化に向けてフェイスブックと協力し、新機能の追加と、より良いモバイル体験を提供する新たな方法の模索を続ける」と述べています。

アメリカのウォール・ストリート・ジャーナルの報道によると、インスタグラムのユーザーは2011年12月時点で1500万人だったが、2012年3月には2700万人に拡大しました。アンドロイド向けアプリの公開後、さらにユーザーが増え、現在登録ユーザーは3000万人を超えるといいます。

なお、フェイスブックは新規株式公開(IPO)の準備を進めており、2012年5月に米ナスダック市場に上場すると見られています。

参照
参照
参照

Sponsored Links
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, 国際, 経営・経済 タグ: , , , , , , , パーマリンク

フェイスブックが写真共有アプリ「Instagram(インスタグラム)」を10億ドル(812億円)で買収!! への1件のフィードバック

  1. やのし のコメント:

    おぉ…
    インスタグラムは
    どこの企業が買収するか気になってました。

    10億ドル!
    インスタグラムは大成功ですね。

やのし にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.