オウム真理教裁判と大王製紙の背任事件 RVR


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

作家の村上龍さんとエフエム東京社員の延江さんが、毎週時事について語っているRVR。今週は、オウム真理教裁判の終結についてと大王製紙の背任事件について語ります。

Sponsored Links

<a href='http://video.jp.msn.com/watch/video/rvr-%E3%82%AA%E3%82%A6%E3%83%A0%E8%A3%81%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%A4%A7%E7%8E%8B%E8%A3%BD%E7%B4%99-hd/534wzfyf?src=v5:embed::' target='_new' title='RVR オウム裁判と大王製紙 HD'>ビデオ: RVR オウム裁判と大王製紙 HD</a>

延江さんは、オウム真理教裁判の結審に触れて13人の死刑囚が確定したことと、事件から16年経ったことについて村上さんに訊ねます。これに対して村上さんは、オウム真理教に洗脳されていた子供たちが社会から排斥されていた点を挙げて、社会に適応できるようにしなければならないといいます。また、事件について詳しく調べて研究するべきだったと指摘します。

次に大王製紙背任事件について村上さんは、「カジノで100億円すったと言われているが、その金があれば何を買えたかを考えると・・・」と想像を膨らませ、さらに自身がモナコのカジノで大損したことを挙げて「何かが間違っている」と言います。

オウム事件にしても大王製紙の件にしても、問題を冷静に分析して対処しなければならないことがよく分かりますね。

Sponsored Links
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 事件・事故, 政治・法律, 経営・経済, 講演 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.