通常の3倍の大きさの凶悪すぎる新種のスズメバチがインドネシアで発見される!!体長6cm以上もあり前足よりもアゴが長い!?


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

インドネシアのスラウェシ島の南西部で、巨大なアゴが特徴的な体長2.5インチ(約6.35cm)の新種のスズメバチが発見されました。この巨大なスズメバチは、カリフォルニア大学デービス校で昆虫学を研究しているリン・キムジー教授が発見しました。

Sponsored Links

キムジー教授によると、あまりにアゴが大きく前足よりも長いため「歩けるのかわからない」といいます。特徴はその不思議な形状だけでなく大きさにもあります。情報によると、体長は2.5インチ(約6.35cm)だといいます。

また、このハチは「ハチのコモドドラゴン」と呼ばれるほどの大きさと凶暴性をもっています。その姿かたちからキムジー教授は「ガルーダ」(インド神話に登場する炎の様に光り輝き熱を発する神鳥)という名前を付けることを検討しています。

この巨大なアゴに関しては、敵から巣を守るために外敵に対して使われたり、交尾の際にメスを押さえ込むのに使われると推測されています。

「これほど巨大なら、なぜ今まで見つからなかったのか?」という素朴な意見も出そうですが、このハチはスラウェシ島の南西部でしか発見されておらず、生息範囲が非常に限られていたため、発見が遅れたようです。

「ハチの王様」と紹介されるほど凶悪な新種スズメバチでした。

※ハチの体長について、一部間違いがありました。訂正してお詫び申し上げます。

参照
参照

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (3 投票, 平均値/最大値: 4.67 / 5)
Loading...

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: その他, 動物, 科学, 自然 タグ: , , , , , , , , , , , , パーマリンク

通常の3倍の大きさの凶悪すぎる新種のスズメバチがインドネシアで発見される!!体長6cm以上もあり前足よりもアゴが長い!? への2件のフィードバック

  1. tano のコメント:

    メガララ・ガルーダは新種の蜂ですがスズメバチではなくギングチバチ科 ケラトリバチ亜科のようです。また、凶暴性に関しても死んだ個体しか見つかっていないため不明のようです。

  2. 匿名 のコメント:

    実際は2.5インチではなく2.5cmの間違いという話のようだ

tano にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.