目や女性器から直接ウォッカを飲むアルコールの粘膜摂取が海外で流行中!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

海外では、ウォッカにタンポンを浸してからヴァギナ(女性器)に入れたり、眼球の粘膜に直接ウォッカを流し込むことでアルコールを摂取する奇妙な飲酒方法が問題になっています。

身体の粘膜から直接薬物を体内に吸収させる粘膜摂取は、麻薬などでも使われる方法ですが、現在アメリカの若者などの間でアルコールの摂取に使われています。

Sponsored Links

このタンポンによる膣粘膜からのアルコール摂取は、男性ではペニスを使って行われています。

このアルコールの摂取法は口から飲むのに比べて、何倍ものスピードでアルコールを吸収するため少量で酔っ払うことができます。情報によると、この方法のアルコール摂取は、血管内に直接アルコールを注射するのと同程度の効果があるといわれています。

しかし、この方法では「飲む量を減らす」「吐く」などの行為によるアルコールの摂取量の調整が出来ないことや、吸収率の高さから急性アルコール中毒・慢性的アルコール中毒にある可能性が高いといいます。

他にも目の粘膜から直接アルコールを摂取する方法も考案されており、こちらも口から飲むよりも早く酔えるとされています。

しかし粘膜からの摂取は非常に負荷がかかり、眼球粘膜からの摂取では最悪の場合、合併症を引き起こしたり失明する恐れさえあります。

この摂取方法は、数年前からアメリカの若者の間で流行し、現在はラスベガスからイギリスに飛び火して流行しているようです。

日本では法律上、飲酒が禁止されているため、これらの摂取行為が違法行為になるのかは分かりませんが、海外の若者の間で流行した理由の1つは、飲酒を禁止する法律から逃れられるからだったのかもしれません。

参照

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均値/最大値: 1.00 / 5)
Loading...

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: その他, 国際, 技術・実験, 政治・法律, 文化, 生活, タグ: , , パーマリンク

目や女性器から直接ウォッカを飲むアルコールの粘膜摂取が海外で流行中!! への1件のフィードバック

  1. 匿名 のコメント:

    気持ち悪いなあああああああああしねskdじびぃっこxmlNZXHBDIN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.