第145回の芥川賞、受賞作がなかった経緯 RVR


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

今回は作家の村上龍さんと幻冬舎の壺井円さんが、第145回の芥川賞の選考会の様子や受賞作がでなかった経緯について語ります。

Sponsored Links

<a href='http://video.jp.msn.com/watch/video/rvr-%E8%8A%A5%E5%B7%9D%E8%B3%9E-%E5%8F%97%E8%B3%9E%E4%BD%9C%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%97-hd/53u8g4a2?src=v5:embed::' target='_new' title='RVR 芥川賞、受賞作はなし HD'>ビデオ: RVR 芥川賞、受賞作はなし HD</a>

村上さんは、どれだけ先進的であったり実験的であっても物語のディティール(詳細)がしっかり構成されていなければダメだと主張しています。また山崎ナオコーラの作品について女性作家が全員×印をつけ、見事な批評に圧倒されたといいます。

確かに村上龍さんの作品は細部の正確さと物語の論理性は素晴らしいものがあります。(愛と幻想のファシズムの政治経済についての記述や五分後の世界の戦闘シーンなどは読めば、相当勉強してから書いているのはよくわかります)
でも、やっぱり芥川賞を受賞するのは簡単ではないんですね。

Sponsored Links
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 文化, 講演 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.