東京の放射線量は果たして許容できるレベルなのか


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

今回は幻冬舎の壺井さんと作家の村上龍さんが、報道されている放射能の測定値と実際の量の違い、またそれを人体・人々は許容できるのかについて語っています。

<br /><a href="http://video.jp.msn.com/watch/video/rvr-%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%81%AE%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A%E9%87%8F-hd/53v79mmq?src=v5:embed::&#038;fg=sharenoembed" target="_new"title="RVR 東京の放射線量 HD">ビデオ: RVR 東京の放射線量 HD</a>

Sponsored Links

放射能によってガンなどの疾患に陥ったかどうかを知ることができないことが、他の事例(細菌感染など)とは大きく違うことを理解しておくことが重要でしょう。
しかし、「絶対に大丈夫だと言う人の名前と日付、メディアの名前を記録しておくことは大事だ」と村上さんが語るように、今後、乳幼児や妊婦など個々のケースによって負うリスクが変わることを理解した上で何かが起こったときのためにできるだけリスク回避をする手段を取っておく必要はあるでしょう。
ただ、あまりヒステリックになりすぎると放射能による被害よりも大きな損失を負いかねないということも認識しなければならない。

Sponsored Links
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 政治・法律, 生活, 科学, 講演 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.