世界で最も高価な材料ベスト16/意外なモノが高値で取引されていた!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

人体パーツなど、世界ではあらゆるものが高値で取引されています。その中には、「何に使うの?」と思ってしまうようなものまで含まれているようです。今回は、グラムあたりで計算された世界で最も効果な材料ベスト16をご紹介します。

第16位:サフラン(875円/1グラム)

Sponsored Links

第15位:金(4454円/1グラム)

第14位:ロジウム(4613円/1グラム)

第13位:プラチナ(4772円/1グラム)

第12位:メタンフェタミン(覚せい剤)(7954円/1グラム)

第11位:サイの角(8749円/1グラム)

第10位:ヘロイン(約1万円/1グラム)

第9位:コカイン(約1万7000円/1グラム)

第8位:LSD(薬物)(約24万円/1グラム)

第7位:プルトニウム(約32万円/1グラム)

第6位:ペイン石(宝石)(約72万円/1グラム)

第5位:Taffeit(宝石)(約159万円/1グラム)

第4位:トリチウム(三重水素)(約239万円/1グラム)

水素爆弾の材料に使われます。

第3位:ダイアモンド(約438万円/1グラム)

言わずと知れた宝石の王様。高級品の代名詞が3位にランクイン。

第2位:カリホルニウム252(約21億5000万円/1グラム)

原子番号98の元素。元素記号は Cf。アクチノイド元素の一つ。超ウラン元素でもあります。

原子爆弾にカリホルニウムを使用した場合、非常に小型化できる可能性が高いため研究されていた時期があり、サイエンス・フィクションでも個人が持ち運びできるものとして描写されています。しかし、大変高価な物質なので、兵器としての運用は現実的でないと考えられています。100グラムの価格を単純に計算すると約7兆円になるという試算も(この場合、1グラムあたり700億円)。

第1位:反物質(4971兆円/1グラム)

1位は桁違いの値段である反物質でした。反物質は、質量とスピンが全く同じで、構成する素粒子の電荷などが全く逆の性質を持つ反粒子によって組成される物質です。

反物質は粒子加速器を使う核融合実験の際に、微量ずつ発生しては、発生の次の瞬間には対消滅で消え去っている事が観測データから確認されていますが石油やウランなどと異なり自然には殆ど存在せず、そのため反物質を得るには一から生成する必要があります。

最近では、金が高騰しているといわれますが、このランキングを見ればサイの密猟や薬物の密売が行われる理由がよく分かりますね。そして最後には、物理や宇宙のレベルの物質が登場しました。非常に面白い世界で最も高価な素材ランキングでした。

参照

Sponsored Links
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 国際, 技術・実験, 文化, 科学, 経営・経済 タグ: , , , , パーマリンク

世界で最も高価な材料ベスト16/意外なモノが高値で取引されていた!! への1件のフィードバック

  1. 匿名 のコメント:

    1位は意味すらわからん

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.