サハラ砂漠で自動車が壊れて大ピンチになるも車の部品からバイクを作り上げ危機を乗り越えた男の物語がスゴイ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

1993年、フランス人のエミール・ルレーは北アフリカのサハラ砂漠を自動車で縦断中に、自動車が壊れるという絶体絶命の危機に直面しました。近くの集落までは数十kmの距離があり、通信手段はなく、水も食料もほとんど残っていませんでした。

そこでエミールは、ある大胆なアイデアを実現してこの危機から逃れました。

Sponsored Links

モロッコ南部の都市、タン・タンを出発しサハラ砂漠を縦断しようとしていたエミール。街を出てからすぐに事件は発生しました。当時、モロッコでは紛争状態となっていたため、現地の「フランス国家憲兵隊」によって、タン・タンに引き返すように通達されました。

しかしこの通達を受け入れなかったエミールは、紛争地帯を迂回する安全なルートを選択しましたが、その道は舗装されていない悪路でした。

このときエミールが乗っていた車は「シトロエン2CV」というクラシックカー。ただでさえ無謀と思えるサハラ砂漠縦断ですが、悪路を走ったため大きな負担が車にかかり、砂漠の真ん中で車の車軸は壊れて動かなくなりました。

食料と水は10日分ほど残っていましたが、近くの集落までは数十kmの距離があり徒歩でたどり着けるかは分かりませんでした。

そこで、自動車の部品からオートバイを制作することにしたエミールは、すぐに作業を開始しました。

基本的な道具しかもっていなかっため、あらゆる工夫を凝らして道具を作り、なんと砂漠の真ん中でオートバイを完成させてしまいました。

当初は3日間で作るつもりでしたが、結局、ハードワークの末、12日間をかけて完成させました。このとき水は500mlしか残っていませんでした。

その後、完成したバイクに跨り、無事生還することができたといいます。

なかなかハードな冒険ですが、いかなる状態でも知恵と勇気を振り絞ればどうにかなるものなんですね。まるで『マッドマックス』に登場するようなバイクに乗ったエミールを見た現地の人々は、さぞ驚いたことでしょうね。

参照
参照

Sponsored Links
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 事件・事故, 国際, 技術・実験 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

サハラ砂漠で自動車が壊れて大ピンチになるも車の部品からバイクを作り上げ危機を乗り越えた男の物語がスゴイ!! への1件のフィードバック

  1. 匿名 のコメント:

    最初っから、バイクで行けばよかったのに・・・

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.