南太平洋のトンガが火山の噴火で島が出現!!すでに2kmを超える大きさに!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

日本の西之島では、火山の噴火によって新島が誕生しましたが、同じような出来事がトンガで発生しました。

南太平洋のトンガで、先月から噴火を続けている火山の影響で、新たな島が出現しました。

Sponsored Links

土地・天然資源省によると、火山は、首都ヌクアロファから約65kmにあり、昨年12月20日に5年ぶりに噴火。火山岩や火山灰を火口の周囲に噴出している。また噴火は、無人島と約100m沖合の海底の2つの火口から起きているといいます。

専門家が現地調査を行い、新たな島の出現を確認したといいます。島の大きさは、幅1km、長さ2kmほどで、標高は約100mです。

かなり巨大な島になっており、すでに以前から存在していたかのような貫禄がありますね。

Sponsored Links
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 事件・事故, 国際, 技術・実験, 自然 タグ: , , , , パーマリンク

南太平洋のトンガが火山の噴火で島が出現!!すでに2kmを超える大きさに!! への1件のフィードバック

  1. 匿名 のコメント:

    トンガ沈下したら、移住できるのね。

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.