DNA(遺伝子)操作によって生み出された世界初の蛍光犬


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

一見すると普通のビーグル犬に見えますが、実はDNA(遺伝子)捜査によって生み出された世界初の蛍光犬です。
この蛍光犬「Tagon」を生み出したのは韓国の科学者たちで、アルツハイマー病やパーキンソン病などの治療法を発見するためにクローン技術を用いて作成されました。

Sponsored Links

2009年に生まれた、この「Tagon」は普通の光の下ではそのあたりにいる犬となんら変わりなく見えますが、特殊な抗生物質(ドキシサイクリン)を与えて紫外線ライトを当てると緑色に発光します。
2年間の研究の結果、ソウル大学の研究者たちは食べ物に抗生物質を加えることにより、発光させたり、発光させなかったりすることができることを突き止めました。

主任研究員のイ・ビョンチョン氏は「犬を発光させるために注入した遺伝子は、人間の病気を引き起こす遺伝子と置き換えることができるので、Tagonの作成は新しい(病気治療の)地平を開きます」と語った。
Tagon作成のために、2005年に作成された世界初のクローン犬「スナッピー」に使用された体細胞核移植技術が用いられました。ちなみにイ・ビョンチョン氏とソウル大学のチームが世界初のクローン犬「スナッピー」を作成しました。

これまでに、発光する猫が2008年にアメリカの研究者によって作成されていました。

最近では人間と動物の合成生物など、遺伝子研究については倫理の問題が持ち上がっていますが、発光犬もさまざま議論を呼びそうです。

参照

Sponsored Links
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均値/最大値: 3.00 / 5)
Loading...

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 技術・実験, 科学 パーマリンク

DNA(遺伝子)操作によって生み出された世界初の蛍光犬 への1件のフィードバック

  1. syokoku のコメント:

    これは...ちょっと興味深い話ですが...キリスト教圏からは叩かれそうな話ですね。
    うぅでも実物見てみたいかも。

syokoku にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.