ドバイの人工島「The World(ザ・ワールド)」の造り方が豪快すぎる!!船で砂を巻き上げてぶわぁ~ってやっていた!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アラブ首長国連邦のドバイには、「The World(ザ・ワールド)」と呼ばれる人工島群が建設されています。島は全部で300以上あり、ドバイでの人工諸島プロジェクトには、他にもザ・パーム、ジュメイラ・アイランズが知られています。

今回はそんな人工諸島プロジェクトの人工島がどのように造られているのかご紹介します。

Sponsored Links

この人工諸島プロジェクトは、ドバイの首長であるムハンマド・ビン=ラーシド・アール=マクトゥームの発案(2003年5月)で開始されました。 島の面積は、14,000平方メートルから42,000平方メートルまで様々で、島と島との間は100m程度あります。これらの島への交通手段はヘリコプター、水上バイク、ボートしかありません。

島群は地球の陸地を表し、上空から見ると世界地図を模している。これまでに、ビジェイ・シン、ミハエル・シューマッハ、パメラ・アンダーソンら多くの著名人が購入しました。

また、この人工島群の中には、パールズ・オブ・アラビア(Pearls of Arabia)という劇場や美術館などのテーマパークも建設中で、ここにはフェリーで行くことになります。ちなみに2008年1月現在、全体の60%が売却されています。

そんな人工島の造り方は非常に単純。船を使って砂を巻き上げて、一箇所に積み重ねることで島を形成しています。

その後、砂の島を守るために岩を使って岩礁を造り、波による島の侵食を最小限に抑えます。

非常に簡単そうに思える砂の島造りですが、実際には大量の砂を積みすぎると重さで島が崩壊する可能性があるといいます。また、砂粒が軽すぎると風邪で吹き飛ばされて島を継続して維持できないといいます。

そのため、これらの島を造るために使われた砂はペルシャ湾から運ばれてきたものだといいます。

参照

Sponsored Links
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 国際, 建造物, 技術・実験 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.