ウルグアイが大麻(マリファナ)の合法化へ!!世界で初めて政府が直々に流通と販売を掌握!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

南米ウルグアイの議会で、大麻(マリファナ)の販売・流通を政府が管轄するとした法案が提出されました。法案はホセ・ムヒカ大統領の左派政権が打ち出した15の犯罪撲滅対策案の1つで、可決されれば麻薬が政府の専売品となる世界で初めてのケースとなります。政府直々に薬物を販売する理由には、麻薬カルテルの封じ込める意図があるといいます。

Sponsored Links

エレウテリオ・ウイドブロ国防相は20日の記者会見で、法案提出の主旨について、「一部の麻薬を非合法とすることが社会問題につながり、麻薬そのものよりも悲劇的な結果を招いている」と説明。目的は「マリファナ生産と流通を国の厳しい管理下に置くこと」と語りました。

法案では、マリファナの流通・販売を政府が管轄。ただし18歳以上の大人にだけ販売し、さらに購入者をリスト化して購入後も当局が追跡できるといいます。また、マリファナの販売から得た税金は麻薬中毒者のリハビリのために使われるとしており、決められた量を越えて服用する人はリハビリを受けることになるといいます。

ウルグアイでは、マリファナの使用に関する法律がなく、個人使用のための薬物所持は違法ではありません。

エレウテリオ国防相によると、ウルグアイ国内におけるマリファナの非合法市場は7500万ドル(約60億2500万円)規模と推測されています。

ブラジルとアルゼンチンに挟まれた小国のウルグアイでは、麻薬絡みの犯罪抗争は、ほぼ皆無でしたが、近年では殺人事件の発生件数が増加しています。これについてウイドブロ国防相は、麻薬取引をめぐる組織間トラブルに起因するものであることは明らかだと指摘しました。

人口320万人のウルグアイで、今年の1月から5月に発生した殺人事件は133件で、前年同期比で70%増加しました。 

政府統計によるとウルグアイでは前年、人口の8.3%がマリファナを吸引しているといいます。

ウルグアイ国内でも、政策の効果を疑問視する人が多いようです。しかし、政府はリスクを払ってでも麻薬カルテルの資金源を断つことを優先させなければいけないようです。それほど南米の麻薬カルテル問題は緊迫した状態に追い込まれているのかもしれませんね。

参照
参照

Sponsored Links
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 政治・法律, 文化, 経営・経済 タグ: , , , , , , , パーマリンク

ウルグアイが大麻(マリファナ)の合法化へ!!世界で初めて政府が直々に流通と販売を掌握!! への1件のフィードバック

  1. 匿名 のコメント:

    管理の厳しいタバコみたいなもんか。

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.