200年前に描かれた「屁合戦」なるおならで戦う姿を描いた日本の絵巻物がいろいろヒドすぎる!!しかしそこには隠された意味が!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

日本には、さまざまな素晴らしい芸術作品が存在しますが、海外サイトでは屁で戦う人々を描いた200年前の絵巻物「屁合戦」が、「まさにカミカゼ!!」と絶賛されています。老若男女が恐るべきおならの威力で戦っている様子は、一見ユーモラスで馬鹿げているように見えますが、実際には当時の日本の社会と政治の大変化に鋭く切り込んだ風刺が隠されています。

Sponsored Links

これらの絵巻物では、いろんな着物を着た男女がさまざまなスタイルで屁を放ち戦っている様子が描かれています。中には、馬に乗ったり壁の隙間から放屁したりしていますが、基本的には全てが同じ意味を示しているといいます。


馬に乗りながらの放屁

この絵巻物の図案は、1603年~1868年における日本の江戸時代に描かれたものであり、海外から日本にやってきたヨーロッパ人の増加と対応して作成されました。ルネサンス期の画家や現代の漫画家がやるのと同じように、ユーモラスな図案と対照的に深刻な政治問題に鋭く切り込むための風刺がメタファーとして隠されています。


帽子を飛ばされながらも屁を放つ人と鼻をつまんで耐える人

徳川幕府が統治していた当時、外国人やキリスト教徒は迫害されていました。17世紀中頃までは、オランダ東インド会社などの海外の貿易会社は、長崎の出島といった限られた場所での活動しか許可されていませんでした。また、この禁を破り日本へ侵入したヨーロッパ人は裁判もなしに逮捕されていました。

このコミカルな屁合戦は、江戸時代の終わりに向かって燃え上がった深刻な排外主義を描いたものとされています。しかし、徳川幕府の貫いた排外主義も、ペリーで有名な黒船の到来を皮切りに終わりを向かえ、開国することを余儀なくされました。


屁で吹き飛ばされています


手ぬぐいで口元をおおい、壁で屁に耐えます


老若男女が屁合戦に巻き込まれ最後には壁も破れてしまいます

屁を放ちあって戦っていますが、この屁こそが排斥主義だと考えられます。そして最終的には、壁が破られ誰もが屁に翻弄されてしまっており、これが開国によって政治や社会が大きな変化を向かえ混乱する大衆を示しているのかもしれません。

非常にコミカルで馬鹿げた絵巻物ですが、とても深い洞察と問題提起が隠されていたようです。そして今の日本も、まさにこんな感じになっているといえそうですね。

参照

Sponsored Links
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (2 投票, 平均値/最大値: 3.00 / 5)
Loading...

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: アニメ・マンガ・ゲーム, デザイン, 事件・事故, 国際, 政治・法律, 文化, 歴史, 芸術 タグ: , , , , , , パーマリンク

200年前に描かれた「屁合戦」なるおならで戦う姿を描いた日本の絵巻物がいろいろヒドすぎる!!しかしそこには隠された意味が!! への1件のフィードバック

  1. 匿名 のコメント:

    英大衆紙「日本の屁合戦絵巻は当時の外国人嫌悪を描いたもの」(キリッ|誤訳御免Δ
    ttp://goyaku.blog45.fc2.com/blog-entry-446.html

    事大主義乙

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.