アイスランドにある温泉施設「ブルーラグーン」が美しい!!「こりゃまるで天国だ」


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ここ数日は、明け方ぐんと冷え込む日が多くなり「そろそろ冬だなぁ」と感じる季節となりました。そんな時期だからこそ恋しくなるのが”温泉”ですが、アイスランドには浸からずとも見ているだけで「極楽極楽♪」と呟いてしまいそうになるほど美しい温泉が存在します。

今回は、そんな日本とは一味違った「ブルーラグーン(青い潟湖)」と呼ばれる美しいアイスランドの温泉をご紹介します。

Sponsored Links

「ブルーラグーン(青い潟湖)」は、アイスランドの南西部、首都レイキャヴィークの南西約40kmに位置する温泉施設です。

この温泉の最大の特徴は、自然に湧出する温泉を使っているのではなく、隣接するスヴァルスエインギ地熱発電所が汲み上げた地下熱水の排水を再利用した施設であるという点にあります。1970年代後半に地熱発電の副産物として作られ、1987年から温泉浴場として一般公開されるようになりました。また、排水は70℃以上ありますが、それを38℃前後に調節して提供しています。

面積は約5,000m²(競泳用50mプール4個分)を誇り、露天温泉としては世界最大といいます。また、温泉全体を一周するだけで10数分かかるほどの広さであり、深さは場所によってまちまちで、最深部は1.4mほどあります。

白濁した温泉水には高い皮膚病治癒の効果があり、アイスランド国内はもとより欧米各国からも多くの人が訪れます。ケフラヴィーク国際空港から近いこともあり、アイスランド随一の観光スポットとなっています。

また、マッサージなどの有料サービスもある。入場料は大人一人28EUR(ユーロ)、貸しタオルもある。

このリゾートは、地熱スチームバス、サウナ、打たせ湯、マッサージ、バーなどの有料サービスもあり、入場料は大人1人で28ユーロ(約2,900円)で貸しタオルもあります。

この冬アイスランドに訪れた方は、ぜひ一度立ち寄ってはいかがでしょうか?美しい温泉は、身体だけでなく心まで癒してくれますよ。

参照

Sponsored Links
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 建造物, 文化, 自然 タグ: , パーマリンク

アイスランドにある温泉施設「ブルーラグーン」が美しい!!「こりゃまるで天国だ」 への1件のフィードバック

  1. 匿名 のコメント:

     日本から見ても、温泉施設として素晴らしい施設です。
    宿泊施設はあるのでしょうか?皮膚病に効き目があるとのことですが、管理医療施設はありますか?
    運動機能管理なども併設施設としてありますか? 
    人口との関連もありますが、娯楽施設はありますか?人工施設ならば、広さと湯の温度管理を十分
    に行って、是非とも発展させていって下さい。日本の知恵も上手く利用して下さい。
         東京に住む60歳の女性です。 Japan

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.