430万ドル(約3億3400万円)で落札された史上最高額の写真「Rhine II」のスゴさが分らない!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ただただ流れる荒涼とした川。整備された道と小奇麗な芝生。まさに”現代の川”と呼ぶべき景色を切り取ったこの風景写真が話題となっています。

ドイツ人アーティストのアングレアス・グルスキー氏が撮影した写真作品「Rhine II」が、ニューヨークのクリスティーズで430万ドル(約3億3400万円)の値を付けたというのですが、果たしてどのような作品なのでしょうか?

Sponsored Links


「Rhine II」

この写真「Rhine II」は1999年に撮影されたもので、漠とした景色を実現するために、犬の散歩風景、工場の建物、自転車などをコンピュータのデジタル加工によって削除されています。

オークションハウスは作品について「21世紀における人間と自然の関係性の劇的で深遠な反映を写し取った作品だ」と説明しました。

これまでオークションで販売された写真作品の中で最も高価だったものは、1981年にシンディー・シャーマン氏によって撮影された「無題」と題された作品で、今年5月にクリスティーズで380万ドル(約2億9500万円)で落札されました。


写真撮影者のアングレアス・グルスキー氏

今回落札された「Rhine II」は、ライン川を撮影した6つの写真のうちの1つで、他の4つはニューヨーク近代美術館やロンドンのテート・モダンなど有名美術館に所蔵されています。

なんだか、どこの河川敷でも撮影できそうな写真ですが、やはり記者の美的センスが無いためそのように思うのでしょうか?ゲイジュツはムズカシイ・・・。

参照

Sponsored Links
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 国際, 文化, 自然, 芸術 タグ: パーマリンク

430万ドル(約3億3400万円)で落札された史上最高額の写真「Rhine II」のスゴさが分らない!! への1件のフィードバック

  1. 匿名 のコメント:

    裸の王様ですかww

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.