うんこの人工肉「うんこバーガー」が岡山で開発される


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

とてつもないものが開発されたようだ・・・。

岡山県にある環境研究をおこなっている株式会社環境アセスメントセンター西日本事業部が下水汚泥から人工肉をつくる研究をしているというのだ。
下水にはもちろん人間のうんこも含まれており同機関でも、この人工的に作られた肉のことを「うんこバーガー」と呼んでいるという。

Sponsored Links

同社の池田社長による、この「うんこバーガー」は現在流通している肉と代替可能だそうで、汚泥からたんぱく質を取り出し人工肉に加工するという。
人工肉には、タンパク質が63パーセント、炭水化物が25パーセント、灰分が9パーセント、脂質が3パーセント含まれており、脂質が普通の肉より少なくヘルシーとのこと。

現状では製造コストは普通の肉の数十倍~数百倍だが、今後の研究開発により低価格で提供することを目指している。

この技術が確立されれば「下水処理」「食料価格の低下」「食糧問題」など多くの問題を解決できるかもしれない。

みんなが「うんこバーガー」を食べればの話だが・・・・。

Sponsored Links
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (2 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 技術・実験, 生活, 科学, パーマリンク

うんこの人工肉「うんこバーガー」が岡山で開発される への2件のフィードバック

  1. 匿名 のコメント:

    絶対食べたくない(; ̄ェ ̄)

  2. 名無し のコメント:

    岡山だけで消費してね。

名無し にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.