100年間のメルセデス・ベンツのロゴの変化をまとめてみた


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

メルセデス・ベンツと言えば高級車の代名詞になっているほどの有名な自動車会社・自動車ブランドですが、そのマークは誰もが一度は目にしたことがあるでしょう。ベンツのマークは、創業者のカール・ベンツがもともとヘリコプターのプロペラ製造をしていたことに由来します。また、メルセデス・ベンツの車体に輝くエンブレムは、合併前のダイムラー社が使用していたスリーポインテッド・スターとベンツ社の円形月桂冠とを併せデザインされたもので、3点にはそれぞれ「陸・海・空」の各分野でダイムラーベンツ社の繁栄が込められています。

今ではあのベンツマークが有名なメルセデス・ベンツですが、ロゴがこれまでどのようにして変化してきたのかを知っている人は少ないでしょう。
今回は1902年~2009年の100年間にメルセデス・ベンツのロゴがどのように変化してきたのかをご紹介します。

1902年

まだ、おなじみの三又マークではなく”MERCEDES”の文字だけのロゴです

Sponsored Links

1909年

おなじみの”ベンツマーク”がここで登場しました


こちらは”BENZ”があしらわれたロゴ

1916年

ベンツマークと文字を組み合わせたデザインに

1926年

色が青とシルバーになりスタイリッシュになりました

2008年

時代がものすごく進みましたが基本的な形は変わっていません


とても単純化しました

2009年

色は黒だけでとっても抽象的になりましたが、このマークを見れば誰もがメルセデス・ベンツだと分かるのは100年間積み上げてきたことの証なんでしょうね

Sponsored Links
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 文化, 歴史, 経営・経済 パーマリンク

100年間のメルセデス・ベンツのロゴの変化をまとめてみた への1件のフィードバック

  1. 匿名 のコメント:

    1907年にはヘリコプターはまだ実用化されていないはずです。飛行機のプロペラでは?

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.