馬からヒントを得てデザインされた未来型の全地形対応車


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

「とてもハードな起伏の激しいような場所でもスムーズに走る方法はないか?」と考えたデザイナーのAttila Tari氏は乗馬からインスピレーションを得て、この新しいタイプのATV(全地形対応車)をデザインしました。

乗馬の鞍のようなシートに3つのタイヤ、リチウムイオン電池を電源とした電気駆動など、今まで誰も考え付かなかったようなデザインは機能的で画期的だと言っていいでしょう。

もちろんこの”電気馬”は干草やニンジンも食べなければウンコだってしない21世紀型の乗り物です。

Sponsored Links

前輪が1つ、後輪が2つのようです。座席に座れば人が馬に乗っているような格好ですね。

3つのタイヤのちょうど中心あたりに座席がついています。それぞれのタイヤのサスペンションが地面の高さに合わせて駆動するようです。また、それぞれのタイヤは別々の方向に向きを変えることができ、さらに各タイヤが独自に駆動できるようで操作性は抜群のようです。

普通のハンドルのような形ではなさそうです。ちゃんと手綱もついています。

参照

Sponsored Links
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: ガジェット, 動物, 技術・実験, 科学 パーマリンク

馬からヒントを得てデザインされた未来型の全地形対応車 への1件のフィードバック

  1. 流浪牙 のコメント:

    これは全地形対応車というか、オート三輪の発展系といったほうがいいのではないか? と……

    まぁ、つぎは雨や雪の場合にはこの新型オート三輪でどうするのか? って点にも取組んで頂きたいですね、どうせなら。

流浪牙 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.