「四足走行」の世界記録保持者の日本人が世界中で話題に!!サルに憧れ10年の練習の末、100mを18秒58で走れるように!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ときたまに日本のテレビなどに登場していた「四足走行」の世界記録保持者の日本人男性が、ここにきて世界中で取り上げられているようです。

東京郊外に住む伊藤健一さん(29歳)は、「四足走行」での100mの世界最速記録を持ちます。2008年11月、サルのような「四足走行」で18秒58というタイムを叩き出し、ギネス世界記録に認定されました。

Sponsored Links

「小さい時から顔や体型がサルに似ていると言われてきた」と振り返る伊藤さん。「でもサルが好きだから全然気にならなかった。むしろサルのようなことをしてみたいと思った」といいます。

大好きなサルの走り方に憧れ、約10年にわたって「四足走行」の練習を積み重ねてきました。手袋と滑り止め付きの靴を身につけて街を散歩することもあるといいます。

映像では、まるでサルのように両手両足を使って走る伊藤さんを確認できます。その走り方は、動物のそのものといえそうです。

警察に通報されるのを避けるため、山で約1カ月間合宿した経験もあるといい、猟師にイノシシと間違われて撃たれそうになったこともあるといいます。

伊藤さんは、将来的に「四足走行」が陸上競技界に認められる日が訪れると強く信じています。「確かに今はオリンピック競技ではないが、500年後には陸上競技の短距離走が全て四足になっているはずだ」と大胆な予想を立てています。

また今回の報道に伊藤さんはブログで、「ただいま世界を激震中じゃい!!」「コレとんでもない快挙じゃね?」「キモがられたり通報されたり撃ち殺されそうになったりしながら頑張ってきた甲斐あったわ~」綴っており、さらに「俺が頑張れてるのも皆さんの応援があるからこそですぜぃ みんな本当にありがとな~」と世界の評価に対する感謝の気持ちをファンに伝えています。

参照
参照

Sponsored Links
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 技術・実験 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

「四足走行」の世界記録保持者の日本人が世界中で話題に!!サルに憧れ10年の練習の末、100mを18秒58で走れるように!! への1件のフィードバック

  1. TVを見てて思った一視聴者 のコメント:

    四足走法でボルトに勝つと言っていましたが、それではサルのマネではいけないと思います。
    やはりチーターのようなネコ科の動物から学んで、背骨の動きの柔軟性がすごく必要なことが
    分かると思います。
    今は背中が全く使われていません。
    どこまで行けるか期待しています。

TVを見てて思った一視聴者 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.