ドライバー1本でコンセントを修理しようとした男の大失敗が危ない!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

コンセントを修理しようとしてドライバーをコンセントに突っ込んだ男ですが、どうやら修理前にブレイカーを落とすのを忘れていたようです。ドライバーでコンセントを修理するのに失敗した男をご覧ください。

Sponsored Links

コンセントにドライバーを突っ込んで修理する男性。ところが次の瞬間、思わぬ出来事が起こります。

「パン」という音が聞こえたかと思うと、火花が飛んでショート。電気が切れてしまいました。

どうやらブレイカーを落としていなかったことでドライバーが通電し、コンセントが潰れてしまったようです。

感電しなかっただけ運が良かったのかもしれませんね。

Sponsored Links
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 事件・事故, 国際 タグ: , , , パーマリンク

ドライバー1本でコンセントを修理しようとした男の大失敗が危ない!! への1件のフィードバック

  1. 匿名 のコメント:

    電気屋のおやじに配線頼まれ、ブレーカーちゃんと切ったよね!と確認したのに
    次の瞬間電撃くらった
    バカオヤジブレーカーの結線間違えてやがった。

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.