恐るべき破壊力!!原子砲の射撃実験映像が凄まじい!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

原子砲とは、冷戦期に開発された小型の原子爆弾を砲弾化した核砲弾を発射する火砲。アトミックキャノンとも呼ばれます。今回は、そんな原子砲の射撃実験映像をご紹介します。

Sponsored Links

映像では、原子砲から打ち出された弾頭が核爆発を起こし、周囲が壊滅している様子が確認できます。

火砲によって打ち出される核兵器である核砲弾は、戦術核兵器として開発されてきました。初期の核兵器は大型であり、砲弾のサイズも大きくならざるを得なりませんでした。加えて、核爆発の威力の大きさから、自分の被害を防ぐために長射程の火砲であることも求められ、初期の原子砲は大型となりました。

1953年にアメリカ陸軍が開発したM65 280mmカノン砲は、自走はできず、口径280mmと陸上の砲としては大口径であり、なおかつ長射程確保のためカノン砲となりました。射程も約30kmとなっており、専用の核砲弾の発射ができました。

核砲弾の小型化は、原子砲の小型化を可能にしました。1957年には203mm砲用のW33核砲弾の配備が開始されています。さらにはW48の実用化により、155mm砲でも核砲弾の使用が可能となりました。203mm砲や155mm砲は陸軍内に一般的に配備されており、自走も可能で、通常の榴弾と核砲弾の双方を発射できるなど、運用性は大幅に高まることとなりました。これを受けて、大型・特殊なM65 280mmカノン砲は1963年に退役しました。

このほか、アメリカ合衆国が開発した核ロケットのデイビー・クロケットの弾頭部分を無反動砲の砲架を利用して発射する方式があり、この場合は曲射弾道でもって発射を行なえました。

Sponsored Links
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , パーマリンク

恐るべき破壊力!!原子砲の射撃実験映像が凄まじい!! への4件のフィードバック

  1. 匿名 のコメント:

    もし戦艦の主砲にこの砲弾を使ったら1発で艦隊を・・・
    こえええ

  2. 匿名 のコメント:

    こんなもん人に向けて撃つなよ、ほんと。

  3. 匿名 のコメント:

    お台場ガンダムのメインウェポン決まったな

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.